真夜中の浅川マキ

悦子blog_アーカイブ
03 /05 2010
いつも見て下さり ありがとうございます。
きょうは清和さん あさから浮き浮き(*^_^*)

深夜ラジオ(なんと 午前3時)
浅川マキ特集だそうな。

カセットに録音する~~っ。
ホームセンターにカセットテープ 浮き浮き買いに走る。

はいっ!! 買ってきたテープを見せてくれたとき
ちょっと 浮かぬ顔(--〆)
エンドレステープだと パッケージをやぶいちゃったあと
気づく・・・・・・・・・・・(-_-;)  3分間。
(店頭で エンドレスでながれてる声    ね。)

で 真夜中3時 わたしも気になって熟睡できず。
うとうと      ゆめのなかで歌声が・・・・。

あと五分のところで 油断して寝てしまう きよさん。(;O;)
ぱちっ! 目が覚めたわたし 3時10分 おきて!!!

なんとか 録音GO!!!
意外と 当人は寝てしまうのは 窯焚きも同じ。
相方が 時間よ~~と 合図をだすもの。
ちょつと 寝不足かも。  でも よかったね 録音できて。
     えつこ  

コメント

非公開コメント

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓