スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子陶芸教室

悦子blog_アーカイブ
02 /28 2010
陶芸教室
こんにちは
いかがお過ごしですか?
やはりあっという間の2月ですね。

27日川棚の公民館にて「親子陶芸教室」
をさせていただきました。

山口新聞の記者さんが 取材にきて下さり
記事にのせてくださいました。
左から3番目が わたし。(●^o^●)

とってもたのしく こころゆたかな時間でした。
「お家ではこんなにつちまみれになれないけれど
ここでは OK!!」という おかあさま。
子どもさんは かみのけ かお りょうてのひら
ふく つちまみれ・・・幼稚園に上がる前の 
かわいい女の子、 おかあさんたちも
目がきらきら☆☆

素敵な作品が うまれました。
この お仕事 本当にたのしく
みなさまに心より感謝いたします。

2月は お仕事気持ちよくできました。
今も窯焚き中です。(日曜関係ないんです~(^◇^))

昨日の作品公民館に見に行ってチェック(乾燥中心配で。。。)
そしたら ぜんざいをごちそうになったのですよ。
お雛まつりで 振る舞われておりました(^o^)丿きょうだけとのこと。
すばらしい ごほうびだぁ~~~。(嬉)

いつもブログみにきてくださり
ありがとうございます。
素敵な3月をお迎えくださいませ。
           えつこ

コメント

非公開コメント

No title

さつきさま
コメント頂き ありがとうございます。
すっごく うれしいです。

お話を頂いたお仕事 出来るだけ
お引き受けしたいと思います。
なんかいろんな経験とか 気づきとか
自分のためになるから・・・。

さつきさんのお仕事楽しみです。
すごいなすごいな!!!
これからも よろしくお願いします。

No title

お~ コチラに来ればヨカッタね (^^;)
山口新聞 載せてくれてて v-22ありがとう~!
作品が生まれる瞬間に立ち会えるぅ~ は、
さぞかし ワクワクでございましょ~
楽しそうで賑やかで愉快な 「声」 や 「音」 も、聞こえてきそ~ (^^)/

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。