スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲く

悦子blog_アーカイブ
02 /23 2010
花咲く
さいたよ~(*^_^*)
「お金のなる木」の はなが。
あかちゃんが ぱって手のひらをひらいたみたい!!!
しあわせ感につつまれました。

お花つながりできょうのこと
あすの森野家のおじいさんの命日に 妹(主人の)と
お花や準備の買い出しに行きました。

お花屋さんで 菊の花を選んでいたら
ゆりの香りにつつまれ おもわず自分用に・・・。
ピンクのユリの花と 赤いチューリップの花を買いました。

買い物での途中 偶然知ってる人とばったり(^o^)丿
聞けば 体調を崩されていたとか
とても素敵で大好きなかたでしたので
先ほど買ったお花を お渡ししました。(そうしたいと思ったから)

気持ちよく 受け取って下さいました。
わたしも この写真に撮ったこのお花 
思いがけず頂いてとてもうれしかったので
「長門のSさん ありがとうございます」
お花のリレー(心ばかりのですが…)

帰ってきたら主人が紅梅の枝を切ってくれました。
その仲間は(紅梅)実家の母に届けました。
はなにご縁の1日でした。
みなさまにこのお花とどきますように(^。^)y-.。o○
      感謝  えつこ

コメント

非公開コメント

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。