スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分のそら

悦子blog_アーカイブ
02 /03 2010
節分空
みなさん いかがおすごしですか?
あとりえ元気のすぐそとにある…いちょう樹を
見上げて (^o^)丿 のそら~~~~です。
少し雲が 彩雲になっているのが 伝わるかなぁ??

いちょうにハグ(木を抱きしめる)していたら
背中を 太陽のあったかさが包んで
木からも 包んでもらって しあわせ~。ん???
ふっとふり返り そらを「ぱちり」
の上の写真。(^u^)

いちょうの枝が ちょっといいかんじ。
くもの向こうに 太陽がすけている。

今日は 無類の巻きずし好きのわたしとしては
巻きずし業界の策略だろうと・・・・・。
き~っと だべるさ~ 巻きずしを~~~♪♪ 
(だれの うた??)

新しい季節のはじまり なんだか わくわくします。
どうぞ よい年の始まりを お迎えくださいませ。
             えつこ

コメント

非公開コメント

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。