父の虹

悦子blog_アーカイブ
01 /27 2010
虹2

この虹を見たのは 去年12月22日の夕方です。
翌23日は 義父の3回忌。朝から準備を 家族でしていて
買い物に妹(主人の)と出かけて「さあ かえろう~」
で・・・ 目の前に この虹ィ~~~!!!
 
急いでかえり ふたりでカメラ!かめら!(がめら??)
あらら 二重になったぁ。
「お父さんからの プレゼントだね♡」こころが ほっこり(^u^)
虹の おすそわけ ゆっくり みていってくださいね。

1月ですが 図書館で出会いました、もちろん本です(*^^)v
「CHRISTMAS SWEATER クリスマス・セーター」
グレン・ベック 著  西本かおる 訳
本は いつも心惹かれる出会いがあります。
この 虹をアップしたことにも つながる内容かなぁ~。
2度読みましたが 2度 泣きました。
違う箇所ですが…(ToT)/~~~
今日は なんとなく このことを 書きたくなって。
お伝えしたいこと たくさんあるなぁ~。
ゆっくり 書いてみます。今日も みんな ありがと。(えつこ) 

コメント

非公開コメント

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓