すこし たちどまる

悦子blog_アーカイブ
01 /31 2010
こんにちは 明日から2月。お世話になります。
1月 お世話になり どうもありがとう~~。m(__)m

今日は マスクの話。
黄孫窯の2人 この一週間 風邪引きさんでした。
もう今日で 完治しましたが(おかげさまで…)
昨日買い物に出て、なんとお財布を忘れて来てしまいました。
朝 電話がありやっと 事の次第を理解し…(@_@;)
無事に帰ってきました(誰がどのようには忘れたかはご想像に…)
しかし 神様そして神様のような方々のおかげさまですね。
感謝  かんしゃ  ありがとう  支えて下さり。

あっ それたねっ はなし。  
最後の風邪のしっぽが これで切れたもので。(ふっとんだ)

マスクです 風邪を引いたら やはりマスクを。
家族を守るためにも 人にうつさない為にも
やはり 引いた人が気をつけなくちゃ…
マスクができないときは ハンカチ もしくは
手を当てての くしゃみ(;O;)  咳(';') 
これから私 気をつけます、身にしみたゎぃ。
自分の都合があるように 相手にも都合がある。

仕事を一回 お休みしました。(えつこ教室)
自分の状態を伝え こちらの対策を伝え
相手に良い方法を決めていただく。

自分のためになること それが 相手のためになるのか?
相手の立場で 考えてみることの大切さ。
気づかなければ 教えてくれる出来事がちゃんと
あります。私が そうだから もう一人くらい いると思うな。
心にポチリっ とひっかかったらそのままにしないで
考えてみます。
あっ そういうことかぁ~。(いつもあたるとは限らないケド)
意味がある チャンスはいつも ある。
ニュートンのリンゴは いつも落ちている。(知人の物理学者談)

風邪からのプレゼント 沢山頂きました。
ありがと もう大丈夫 治るぞ~~~~!!!

いっぱい いっぱい読んで下さりほんとうに「ありがとうございます」
次回 2月にまたお会いできましたら うれしいです。    (えつこ)



スポンサーサイト

父の虹

悦子blog_アーカイブ
01 /27 2010
虹2

この虹を見たのは 去年12月22日の夕方です。
翌23日は 義父の3回忌。朝から準備を 家族でしていて
買い物に妹(主人の)と出かけて「さあ かえろう~」
で・・・ 目の前に この虹ィ~~~!!!
 
急いでかえり ふたりでカメラ!かめら!(がめら??)
あらら 二重になったぁ。
「お父さんからの プレゼントだね♡」こころが ほっこり(^u^)
虹の おすそわけ ゆっくり みていってくださいね。

1月ですが 図書館で出会いました、もちろん本です(*^^)v
「CHRISTMAS SWEATER クリスマス・セーター」
グレン・ベック 著  西本かおる 訳
本は いつも心惹かれる出会いがあります。
この 虹をアップしたことにも つながる内容かなぁ~。
2度読みましたが 2度 泣きました。
違う箇所ですが…(ToT)/~~~
今日は なんとなく このことを 書きたくなって。
お伝えしたいこと たくさんあるなぁ~。
ゆっくり 書いてみます。今日も みんな ありがと。(えつこ) 

森野 清和

黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元氣の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。