森野清和(もりのきよかず)

■ 略歴
1949 山口県豊浦町川棚生まれ
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科卒業
1973 沖縄壷焼の島袋常恵・常秀両氏に師事
1977 川棚に工房「黄孫窯」を開く
1979 益子、笠間、会津若松、瀬戸、常滑、津、宇治炭山、出石をにて作陶、研修
1982 佐賀県窯業試験場にて素地、釉薬、染付の研修
1983 中米グァテマラ、メキシコにて窯業調査
1989 十二代三輪休雪氏に師事
1990 萩、三輪龍作氏のもとで3年間制作に携わる
2004 萩陶芸家協会入会
2006 豊浦町宇賀に新工房 その他、陶芸教室指導
    (下関市立美術館、黒井青少年ホーム)

■ 陶歴
1992 西日本美術陶芸展 入選
1994 東京・銀座「ギャラリーGK」 個展
京都野外陶芸展 出展
1995 現代日本彫刻展マケット 入選
帆瀬戸内現代美術展 招待
1996 佐賀県炎博覧会 日韓野外陶芸展 招待
朝日現代クラフト展 招待 山口県展 優秀賞 佳作
下関市美展 市長賞
1997 下関市美展 議長賞
1999 下関市立美術館 森野清和「もの・記憶」展
2000 益子陶芸展 審査員特別賞
2001 21世紀未来博覧会(山口きらら博)「陶2001」展 出品
2003 下関市立美術館 臨界五人展 
その他、個展・グループ展での発表多数

森野悦子(もりのえつこ)

■ 略歴

九州造形短期大学 写真科卒業
1991 下関市立美術館造形教室「陶芸講座」初級・中級受講
1992 下関市立美術館 友の会「陶芸同好会」入会
   黒井陶芸教室(旧豊浦町)入会
   両教室で 黄孫窯 森野清和に師事
1996 森野清和と結婚 
   黄孫窯展やグループ展で作陶等活動
2006 黄孫窯内に「あとりえ元気」をつくり
   陶芸教室や体験教室を開設
2009 木の和ギャラリー(下関市)にて、初めてとなる“一人展”を開催

 2010_06_05



01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

プロフィール

森野 清和

Author:森野 清和
黄孫窯
森野清和(もりのきよかず)

1949 山口県豊浦町生まれ。
1972 九州産業大学芸術学部クラフトデザイン科(産業陶器)。
1973 沖縄「壺屋焼」窯元で修行。土掘りから始まり、蹴りろくろでの成形を体験したことがその後のものづくりの原点となる。
1977 豊浦町川棚に黄孫窯を開く。
1989 萩焼 一二代「三輪休雪」氏に師事。
2006 豊浦町宇賀に清和工房を開く。「蹴りろくろ体験教室」開設。

※ 黄孫窯(こうそんがま)
樹齢100年を越える銀杏の樹の下にあります。銀杏は別名「公孫樹」といいます。窯名はこの「公孫樹」の名前に由来しています。

※ 森野悦子ブログは「あとりえ元気の部屋」に独立しました♪
  ↓ ↓ ↓

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




pagetop